フォト

辻井竜一

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん8月号掲載分短歌8首 »

2008年7月 4日 (金)

2008年かばん7月号掲載分短歌8首

エスケープ・フロム・スウィートルーム  

              辻井竜一

誰からも相手にされず終わるよりせめて馬鹿だと罵られたい

一昨日と似てる昨日に飽きたので明日は迷子になりに行きます

もしもあと三十年もあるのなら八年くらい無駄にしていい

まるで気が進まないけどたまにはね快楽だけに溺れてみるよ

今だけを必死に生きていますので「昨日言った」と言われてもねえ

最近ね誰を見てもね思うんだ あんなふうにはなりたくないと

本当の自分をちょっと知りたくて一人ぼっちになってみました

やむを得ず取る行動とそれ以外だけなんだから楽なもんだぜ

« 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん8月号掲載分短歌8首 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120625/22074453

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年かばん7月号掲載分短歌8首:

« 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん8月号掲載分短歌8首 »