フォト

辻井竜一

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2008年かばん4月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 »

2008年5月 2日 (金)

2008年かばん5月号掲載分短歌8首

ゆっくり、ゆっくり、歩いてきたはずだったのにね  

              辻井竜一

眠ってはいけない場所であるのなら誰か起こしてくれるねきっと

ああそれは別にいつでもいいからさ最後の手段先用意して

月一で会う人があと二、三人いればなんとかやっていけるな

酔った勢いの行動はすべて正しいそれだけで今生きているから 

せめて失恋くらい人並みにできねえのかと言ってください

目を閉じたままで歩いていたのですいつか何かにつまづきたくて

居心地は良かったような気がするな帰り道に古本屋とかもあったし

ゆっくりとゆっくりゆっくりゆっくりと歩いてきたはずだったのにね

« 2008年かばん4月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120625/20716771

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年かばん5月号掲載分短歌8首:

« 2008年かばん4月号掲載分短歌8首 | トップページ | 2008年かばん6月号掲載分短歌8首 »