フォト

辻井竜一

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 「かばん」10月号掲載分短歌8首 | トップページ | 「かばん」12月号掲載分短歌8首 »

2007年11月15日 (木)

「かばん」11月号掲載分短歌8首

ロサンゼルスから来た処方箋  辻井竜一

僕は惑わせてあげます優しくはいつも誰かにされてるでしょう

いつの間に出来たんだろう新しいラストシーンが駅前にある

やっと今叶ったもはや原型をとどめていないいつか見た夢

まあせいぜい目覚めたことを喜びな 君の分まで夢見てやるよ

さあやれよ何してんだよなあやれよいいからやれよ生きてんのかよ

この恋は君の行動パターンを把握した頃終わりにします

やらないでよかったなんて言える日が来たらその日は僕の命日

二年間ロサンゼルスに留学をしていたことにしていいですか

« 「かばん」10月号掲載分短歌8首 | トップページ | 「かばん」12月号掲載分短歌8首 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120625/8934566

この記事へのトラックバック一覧です: 「かばん」11月号掲載分短歌8首:

« 「かばん」10月号掲載分短歌8首 | トップページ | 「かばん」12月号掲載分短歌8首 »